メルマガ一覧

お台場のパレットタウン等が営業終了 常に変化することが求められる時

  • 2021/08/02
  • ネクタイ派手夫の保険流通革命メルマガ

お台場の複合型施設「パレットタウン」(江東区青海1)が今後の新たな開発のため、今年12月より順次各施設の営業を終了することが報じられました。

1999(平成11)年3月に開業した「パレットタウン」は、中世ヨーロッパの雰囲気が特徴の商業施設「ヴィーナスフォート」、モビリティ体験型テーマパーク「MEGA WEB」、「パレットタウン大観覧車」、コンサートホール「Zepp Tokyo」、体験型ミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソンチームラボボーダレス」など、多様な施設が集結している複合型エンターテインメント施設で、これまでに国内外延べ約4億人が来場したそうです。恐らく、皆さんも1回は行ったことがあるのではないかと思います。
当該施設への最近の来店はほぼ訪日客でしたので、訪日客が来れなくなったので、仕方がないという感じでしょうか。まさに「栄枯盛衰」という想いですね。

同じお台場では大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが営業終了および9月5日をもって閉館します。ここもとんでもない数の来場者がいましたが、同様に栄枯盛衰という感じですね。

近所に沢山あったタピオカの店舗もほぼ無くなり、高級パン屋の行列も無くなりました。コロナ禍もありますが、それにしても消費者の消費動向は移ろいやす過ぎますね。

保険ショップの数も減っていると思います。特にコロナ禍で全体の11%の来店型保険ショップがWEB相談を導入(矢野経済研究所の資料によると)し、コロナ禍で対面募集を嫌うお客様が積極的な活用されたので、これでは維持コストのかかる店舗を置く必要が無いですよね。

保険ショップが世に出て20年くらいとか思います。お台場のパレットタウン同様に年を取りましたので、新しい形態への変化が急務かと思います。
それが何なのかという明確な答えはありませんが、金融全体が相談できるフィナンシャルショップに変態する、悩み事・困り事等々に対応できるプラットフォームにする、地域金融や地域企業と提携した新しい地域のハブにする、商業施設といったところから別の人が集まるところに出店先を変えていくといったあたりは既に取り組まれています。
今秋からスタートする金融サービス仲介業としてのリアルショップもありかと思います。

保険や金融周りだけでなく、モノやサービス等を販売することも良いと思います。
ヤマダ電機の家電販売、つばを取ってDNAでがんリスク・一般疾病リスクがチェックできるキットを販売する、家系図やお墓等を案内する等々は取り組んでいる保険代理店も多いですが、まだまだ保険代理店が販売してシンクロ性のあるモノやサービスはあると思います。「保険代理店だから」という変なキャップを外して、とにかく何でもやってみることが大切な時かと思います。

何かやる時に大義は必要

  • 2021/08/02
  • Dr.ウエノの保険コラム

大阪拠点のエーシーピー株式会社という会社の方が大阪からお越しになりました。
自動車整備工場等で事故や古くなって廃棄する車のバンパーを無料回収して再生プラステックにし、その収益の一部を使って、子ども食堂を運営するという提案でした。現在、近畿5府県で展開されていて、これを関東等に拡大したいということで、お越しになりました。
子ども食堂の運営についてはNPO法人を別途お持ちで、ここを使って実績もあるとのことでした。

結心会会員でも子ども食堂を運営されているところがあります。
子ども食堂という名称でやると色々問題があるので、保険契約者のレストランと一緒にレストランの休業日の夜とかを使って、例えば「フランス料理のマナーセミナー」という形で開催しています。
お子様とお母さんに来店いただき、食材も農家の方や食品販売の方に協力いただき、ウエイターもボランティアで実施しています。

子ども食堂の運営費用にするので、エーシービー株式会社で車のバンパーを回収させて欲しいという提案ですが、こうした大義があると、取組む側も協力する人達もやり易いですよね。

3年くらい前には「健康経営」ブームで、どこの企業も健康優良法人の申請をしたいと動きましたが、この時も、多くの保険募集人が健康経営の資格を取得して、企業を訪問し、一緒に取り組みました。結果、多くの法人が健康優良法人の登録ができ、更に取り組んだ保険代理店自身も登録をしたので、大幅に登録が増えました。企業が求める大義に寄り添うことで結果保険提案につながったところも多いと聞いています。

この度、結心会では、大阪のABC朝日放送テレビ社と斡旋業務提携をします。ABC朝日放送テレビ社がテレビ局初のふるさと納税サイト「ふるラボ」を立ち上げるにあたり、保険代理店が地域創生のために協力して、既存契約者等にふるさと納税を案内し「ふるラボ」を斡旋、誘導するというものになります。全国各地の保険代理店は自身が住んでいる自治体に声をかけることで地元の地域創生につながると考え、今回の提携に至りました。
更に、将来的にはふるさと納税のお金を使って太陽光発電所等を造り、脱炭素の再生エネルギーを作り、特産物の代わりにもらえるようにし、ローカルSDGsに協力したいと考えています。
放送性
保険代理店の営業力を活かし、大義を持って行動を起こすことで、結果として保険にもつながると考え、こうした取り組みを推進しています。
地域創生、ローカルSDGsに関心がある保険代理店の皆様、是非、ご一緒に取り組んでみませんか。

夏休みに入ったので、やっぱイベントやらないとね

  • 2021/07/27
  • ネクタイ派手夫の保険流通革命メルマガ

夏休み突入ですが、コロナ禍でもあり実家に子供たちを連れて帰ることを今年もやめたという方も多いと思います。だったら、せめて近くの商業施設のフードコートで食事をしたり、映画でも観たりというところでしょうか。

商業施設内保険ショップも夏休みに突入すると「子供向けイベント」を毎日やって、こうした終日商業施設に滞留する家族を店舗に誘導するのですが、コロナ禍の中、一度にお客様が殺到して密になるようなイベントはできませんので、工夫が必要ですよね。何か良いイベントありませんかという問い合わせも多いので、おすすめを幾つか紹介したいと思います。

まずは「国旗当てクイズ」とか如何でしょうか。
ちょうど「東京オリンピック開催中」で全世界からアスリートが来ていて国旗に注目が集まる時期なので、国旗を検索していくつかプリントアウトして「この国旗の国はどこでしょうか。当たったらプレゼント差し上げます。」と書いて店頭に表示し、来店されたら別の国旗も準備していて国名当てクイズを5問くらいしながら会話につなげるというものです。
「東京オリンピック、アスリートの頑張り凄いですね。私も毎日元気をもらっています。因みにどの種目がお好きですか。」と話しかけつつ、クイズに準備した国の情報も伝えて、海外旅行気分に少しなっていただくことで、コミュニケーションを取ると良いと思います。従って、有名な国を使わないとダメですよ。誰も知らない国ですと話題が続かないので、気を付けてくださいね。「国旗当てクイズ」は毎日国旗を変えてできますので、オリンピック期間中使えて良いと思います。
更に、オリンピック期間中は、地元出身のアスリートがいらっしゃったら「〇〇選手、応援しています!」といった手書きポスターを店頭に貼るだけで、共感を持った方が来店されるかもしれませんね。
如何でしょうか。簡単にできますので、だまされたと思ってトライしてみて下さい。

あとは「喋らないでできる簡単イベント」として王道の「塗り絵イベント」をお勧めします。これも「塗り絵」で検索すると色々と出てきますので、日々変えてみても良いかと思います。
「塗り絵」の際、子供たちは真剣にやるので会話はなく集中して取り組んでくれまかので、十分な間隔を取っていれば大丈夫かと思います。
「塗り絵」が完成したら書かれたお子様の名前と年齢を聞いて、店舗の一角に展示していって下さい。自分の書いた塗り絵が展示されていると自分の作品が見たくて何回も来院されますし、孫の作品を観におじいちゃん、おばあちゃんが来店される可能性もありますので、勝手に集客にもつながります。
大人には、テレビでも話題の「俳句」でも作ってもらって、これを同様に店内に展示すると良いかと思います。

密にならない、イベント告知しなくても一定数来店が見込まれるイベントは、そんなにあるものではありません。過去の経験値から上記2点は使えると思いますので、是非お試し下さい。

eスポーツを活用したイベント

  • 2021/07/27
  • Dr.ウエノの保険コラム

7月24日、奈良県のプジョー奈良店で「eスポーツ」を活用したイベントが開催されました。

集客は、プジョー奈良店のお客様にDM発送、及びイベントを運営した滋賀県eスポーツ協会と今年の三重国体eスポーツ滋賀県代表の「たくあん選手」自身のSNS等を活用して行われ、当日はプジョー奈良店のお客様の他、eスポーツ大好きな若者や三重国体eスポーツ奈良県代表候補の中学1年生も親子で参加されました。

ドライビングシートを4台持ち込み、それぞれに画面とハンドル、アクセル、ブレーキ、クラッチといった機器をセッティングし、更にこの4台が走行している画面を映し出すパブリックビューイング用の大型プロジェクター、音声機器等々が持ち込まれ、プジョー奈良店のショールームの半分以上を占拠した形になりました。

イベントとしては4台のドライビングシートに座り、鈴鹿サーキットの西コースを何周も走り(皆さん平均10週走って15分程度かかりました)、ベストタイムを競い、タイムの上位者4人が決勝を戦い、優勝者に「プジョー奈良カップ」が渡されるという形を3回やりました。1回にかかる総時間は2時間で、予選会に参加した人は決勝までいますので、「2時間の滞留」ができるので、この間に保険ブースも作って保険クイズ等を実施されました。
この2時間の滞留を使って工夫すると色々なことができると思いました。また、2時間終わると来店者が回転して新しい方に変わるので、効果的に回せば、1回に20人、3回で60人に対し、諸々の提案ができると思いました。

eスポーツで走行する車もプジョーを使い、実車される方もいて、ショールームでの開催は
効果的だと思いました。自動車保険のブースを作っていれば、もしかすると乗って来られた自動車の中に保険証券入っていればコピーくらい入手できたかと思いました。

また、当日は、司会の方も来られて、決勝の模様は滋賀県eスポーツ協会のYouTubeでライブ中継されました。実況中継は「たくあん選手」がされて解説が上手くてパブリックビューイング用の画像を観ながら大いに盛り上がりました。

地元奈良新聞やモーター系メディアの取材もあり、見学者も多く来店され、連絡をしていましたがなかなか連絡のつかなかったeスポーツ協会の奈良支部を作ろうとされている代表の方も来られて良いつながりができたとも思いました。
コロナ禍の中、イベント開催も難しいですが、eスポーツを活用したイベントは面白いと思いました。滋賀県eスポーツ協会が全国どこでも行くと言っていますので、やってみたいという方がいらっしゃいましたら紹介しますので、結心会までご一報下さい。

保険の謝絶案件だけを集めたP2Pに関心ありませんか

  • 2021/07/19
  • ネクタイ派手夫の保険流通革命メルマガ

新型コロナウイルスの感染再拡大で広がる飲食店などのキャンセルに伴う損失を補償する保険をフィンテックベンチャーのフィナテキスト(東京・千代田)が近く発売することが報じられました。フィナテキスト社は結心会定例会のインシュアテック部会の尺でパネルディスカッションにも登壇いただいた企業様になります。
 
今回の保険は、キャンセル料を設定している店が予約サイトに保険機能を後づけし、利用者が予約と同時に保険に加入する形となります。
キャンセル料が補償できれば、キャンセルせざるを得なくなっても店と利用者双方の損失を抑えることになって良いですよね。
 
例えば当日キャンセルすると全額支払う必要があるコース料理などを予約する場合、予約サイトで料金の1割といった保険料を上乗せして予約するというスキームとなり、追加の情報入力は不要だそうです。
 
フィナテキストが事業者のサイト上に保険機能を提供し、保険はグループ会社のスマートプラス少額短期保険が引き受けるとしています。
 
コロナに起因する飲食店のキャンセルを補償する個人向けの保険商品は大手損保で取り扱いがありません。こうしたフィンテックベンチャー事業者の活躍の場は今後、益々増えると考えています。

一般社団法人結心会でも新しい保険に取り組もうと、前回の結心会定例会のインシュアテック部会のパネルディスカッションに参加いただいたFrich株式会社様と一緒に「体況等が理由で保険加入を謝絶された方を集めてP2Pの組成ができないか」に取り組むことにしました。

傷害保険でも高齢者の傷害保険は段差のないところでもつまづく可能性が高く、しかも骨折したら回復が長引くので、結果、事故率も支払い保険金額も高額になることから引受できないところがあります。医療保険等での引受も病歴等で謝絶されるケースがあります。
こうした「謝絶案件」を保険代理店から集め、謝絶された方でP2Pのプラットフォームを作り、保険を組成することができれば、お客様にとって、こんなありがたいことはないかと思います。

これを一般社団法人結心会所属代理店でまとめて行けばそれなりの「数」が集められ、しかも北海道から沖縄までの会員が実施することで「全国」から謝絶案件を集めることができるので、やってみたいと考えています。

ご関心のある方は、8月4日から東京・新宿のあいおいニッセイ同和損保社新宿ビルで開催されます第51回結心会定例会に参加下さい。
「謝絶のお客様にP2P保険という選択肢を」というテーマでお話しいただき、本取り組みの説明と参加者からの意見交換をしていきたいと考えています。参加希望の方は結心会ホームページから申込できます。
まだ意見交換の段階ですが、関心のある方は是非参加下さい。
メーカーである保険会社でカバーできないところを販社である保険代理店で変えて行ってみましょう。